性の悩みで多い未経験について

未経験の悩み

男女ともに多い性の悩みとして、「未経験・経験が少ない」という問題があります。古来、日本女性は「結婚した相手とのみ性交渉を行う」と言った環境でした。
すでに経験がある女は男にとって著しく魅力が劣る存在として認識されていて、いわゆる「後家」として扱われることも少なくありませんでした。
これは男にも当てはまることでしたが、基本的に男は「夜這い」をして経験を経て女を満足させる術を学習するというシステムが出来上がっていたこともあり、「男女ともに初体験」というシチュエーションは意外なほど少ないものでした。
現代ではそういった風潮は無くなり、男女ともに「早い方が良い」と言った認識すらあります。ですが、本来の意味は「生殖行為」ですので、子孫を残す目的以外では行う必要が無い行為です。
現代では「スキンシップの一環やスポーツ感覚」で気軽に性交渉を行ってしまう人も少なくありませんが、それによって負うリスクも少なくありません。
女が未経験の状況は男にとってそれほど悪いことではなく、むしろ積極的に未経験の女を探す女性も少なくありません。
いわゆる「処女崇拝や処女神話」と言われるものがこの背景にあることは間違いないでしょうが、男性の場合は少々状況が変わってきます。
女にとって、「経験が多い男ほど安心できる」という認識を持っていることが少なくない為、経験の有無・量によって劣等感やコンプレックスを持つことも少なくありません。
とは言え、「経験が多いから偉い、性交渉が上手い」と言ったことは一概に言えない為、多くの女はそういったことをナンセンスに感じているのが現実です。
つまり、「経験の有無が男女の魅力を左右する要因にはならない」と言うことになります。